読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バナナマンチョップ

ライブ
10.4.10(土)19:00〜
バナナマン傑作選ライブ「bananaman chop」
会場:俳優座劇場

愛すべきお友達によって、幸運にもまたバナナマンライブへ行くことができました。
本当に本当にありがとう!


バナナマン傑作選ライブ bananaman Punch [DVD]

バナナマン傑作選ライブ bananaman Punch [DVD]

バナナマン傑作選ライブ BANANAMAN KICK [DVD]

バナナマン傑作選ライブ BANANAMAN KICK [DVD]


では畳みます。









今回はね、ここ最近のライブの中でも特別素敵だと思ったよ。だから見られたことが凄く嬉しかった!しかも前から2列目中央ゾーンという良席。近過ぎると見にくい説は、バナナマンには適用外。2人の細かい表情の演技や、ヒムさんの髪のツヤ、設楽さんの鋭い目つきまで、しっかりと堪能できました。お気に入りの「LOST NATION」(月がぱかぱかするやつ)は今回もやらなかったけれど、その代わりうっかり忘れていた好きネタが沢山だった。そういえばこれもあったよね!という感動も加わって、より一層楽しめました(笑

1:ブルーフォーブラッフォーガングリフォン(ペポカボチャ)
2:pumpkin(ペポカボチャ)
3:タイトル忘れたけど、ヒムさんが実は女だったやつ
4:destroy the composition(エレファントピュア)
5:先輩とオマエ
6:ハナからのハジマリ(エレファントピュア)
7:赤えんぴつ

私が最初にバナナマンライブを見たのは2005年の「good Hi!」だから、もう5年も前。なのにまだ5年しか経ってないのかーという感じがするのは何故かしら。10年くらい見てきた気がする。それくらい私と親密な位置にいるバナナマン
そんなわけでgood Hi!以前のネタが見られるのが凄く嬉しいのです。しかもペポが1番くらいに好きなDVDで、中でもオープニングのpumpkinはお気に入りだから、中年になった二人が演じる「揺るぎなさ」を、釘付けになって見ていました。
新作が楽しみなのはもちろんだけど、傑作選は傑作選で見所満載だなぁ。DVDを何度も繰り返し見て記憶している言葉や仕草との違いにわくわくしたり、感心したり。新作の時みたいにあぶなっかしい感じもなくて、どのコントでも堅実に、愛を込めて演じているように見えました。


どうしても思い出せないんだけど、ヒムさんが実は女で、信じない設楽さんに最後にはブラを見せてあげるやつ。あれってタイトル何だっけ?テレビでやった時すでに知ってたから、DVDにはなってると思ったのに、探しても見つからないんだよねぇ。。。不思議。でもあのコント好きだから本物見られて良かったー!
そういえば、エレファントピュアなら「Purely reckless」(象を飼いたがるやつ)も好きだなぁ!両手骨折の時の設楽さんは、私の好きなちょいバカ要素が入っていてきゅきゅん☆ムコとムスコをささっとやって、あれあれ?ってなってたw 逆から読んだらコスムコムのくだりは、もしかしたら他の公演よりちょっと長くやってたんじゃないかなと思ったよ。ヒムさんが若干素の笑い入ってた気がした(笑)


で、今回の最高点は有無を言わさず赤えんぴつ!最近少し見慣れてしまった感もある赤えんぴつだけれど、今回は抜群に良かった。何が良かったって、設楽さんが死ぬほど格好良かった(笑)いつも歌迷子になりがちな設楽さんの、この安定感たるや!甘くて優しい歌声も惚れ惚れするし、徐々に熱がこもってきて気持ちを込めるように歌うのも、ぐっときてしまう。とにかく目が離せなかった。
1曲目の「オレンジ」は、あまり聞き覚えがなかったように思ったけれど、手持ちのDVD調べたらサルマンの中にPVが入ってたよ(笑)「好きだ」は名曲だよなぁ。でも公演によってやったりやらなかったりしたみたい。エンドトークで設楽さんが「今回は一番良くできたよね?お客さんがのせてくれたから、凄く楽しくできた!赤えんぴつも3曲やったのが、これで2公演目なんだよ。」って。
こちら側の楽しかったよありがとう!という気持ちが、ちゃんと演者側にも伝わっていたのが本当に嬉しい。だってこっちからは楽しい時に笑うことと、拍手すること、引き込まれてしんとすることくらいしか、この幸せな気持ちを伝える手段がないんだもの。ほんとにね、凄く凄く楽しかったし満足したよ。どうもありがとうございました。夏も楽しみにしています。