読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSMF

10.4.17(土)14:00〜
ヨーロッパ企画presents
第6回ショートショートムービーフェスティバル 東京予選会
共通テーマ「ロック」
会場:日大芸術学部 江古田キャンパス 大ホール
「ショートショートムービーフェスティバル」
「ショートショートムービーフェスティバル運営委員会日報


なかなかSSMF運営ブログに東京予選通過者が載らないですね。大阪の方はすっかり出ているので問題ないかもしれないけど、やっぱり本選もあるので隠します。












SSMFの予選は初参加だったけど、行って良かったー!司会の上田さんが、驚異的な猫背でへこへこ登場して、椅子から滑り落ちそうになったよ。主催者で司会者なんだから、もっと堂々とすればいいのに(笑)でもでかいくせに常にちんまりしてて、スーツも全く似合ってない上田さんが、私は大好きだ!
監督たちが出てきてステージに並ぶとき、東京03だけ早速わちゃわちゃ。前に角ちゃんと飯塚さんの2人が並んで、豊本さんがその後ろに並ぶか横に並ぶかでまごまごしてんだもんw「横に並べは?」「え〜いいよぉ」みたいなことを楽しそうにやってるのをずっと見てました(笑)先決めとけっ!


酒井博士の抽選ロボは、前回と違って一瞬で全順番が決まる新型ロボ。と思ったら、回転がおっそくて笑っちゃった。ルーレットみたいな速度を想像してたもので。でも酒井博士は満足げw ただ居るだけでいじられてしまう運命の酒井さんに祝福を。
http://www.europe-studio.net/robotics/wordpress/?p=445
そうして決まった上映順がこちら

1:SNAIL RANP・タケムラ
2:水野美紀
3:カリカ・家城
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4:モッカモッカ
5:中山祐一朗
6:東京03
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7:酒井善史
8:吉田尚記ニッポン放送アナウンサー)
9:せきしろ
ーーーーーー(休憩)ーーーーーーーー
10:冨士川祐輔(フジテレビ・ディレクター)
11:バッファロー吾郎・木村明浩
12:シベリア少女鉄道・土屋亮一
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
13:山脇唯
14:デフロスターズ(ショートフィルム制作チーム)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
15:永野宗典
16:かせきさいだぁ≡

江古田キャンパスの椅子はパイプでノークッション。上映順が後半の方が有利とされているけれど、個人的には後半お尻が痛過ぎて、集中力が途切れがちになってしまいました。。。や、もちろんちゃんと見たけどね。


この中で私が一番良いと思ったのが、山脇監督。吉田秋生櫻の園を思い出すような、ノスタルジックで気だるい学園生活を、綺麗な映像で表現していながら、ストーリーもしっかりしていて、非の打ち所がなかった。1時間バージョンも見てみたいと思わせる、本当に素敵な作品でした。あっぱれ!
そして悔しいけど、酒井監督は今年も最高に面白かった!これたぶん、ヨーロッパファンじゃない人が見たら絶句するほどのクオリティだと思うけど、本人としては自信満々で送り出しているに違いないと思うと面白さが増すというか、だって酒井さんのどや顔とか、もう反則でしょ。貴重な1票あげちゃったよ。


上の2つはすぐに決まったけど3票目が迷いました。
有力だったのはモッカモッカ監督、永野監督、シベリア土屋監督で、永野さんのは流石なんだけど、黄金は未だに記憶に残っていたり去年のゴが即決だったのに対して、今年は少し弱い気がしたので、他の観客のみなさんにお任せしてみました。モッカモッカは最高に面白くて、これはもう一回みたいとも思ったのだけれど、もう一つ中山監督がひっかかってしまい。
去年だけ、今年だけを見たとしたらたぶん気にならなかったと思うんだけど、連続で見ると妙に好感が持てるんだよなぁ。音楽も良かったし。「あ〜こういう間の抜けたダークファンタジーみたいな、少しずれた世界が好きなんだ」とか思うと、票を入れずにはいられなかったのでした。中山さんが好きという前提があってこそだと思うんだけどね。


実際に決まった予選通過者は、順位があやふやなので羅列にすると

永野・山脇・モッカモッカ・水野美紀・家城・かせきさいだぁ・酒井

の7名。意外な人が多く入っていてちょっとびっくりしたけど、決勝でも酒井作品が見られることになって嬉しいです(笑)