読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわざわする

ここ数日、落ち着かない。拠り所がなくて不安定な感じ。
原因はわかってる。
1つは、先日行ったWONDERVERのライブが今までと変わらず素晴らしくて、このバンドがぷつりと途切れるように活動を辞めなければならなかった理由が、何一つとして見つけられなかったこと。
もう1つは、半年ぶりに制作日記を更新した元彼が、現在実店舗に置いてもらってる商品を全部撤収して、この先しばらくは新作もつくらないと書いていたこと。


WONDERVERのことは、自分で思っている以上に自分の中心まで食い込んでいたのだと思う。
実力的に見込みがなかったり、メンバーの仲が不穏だったり、何かのトラブルがあったり、そういうわかりやすい理由があればこの結果も受け入れやすかったのに。
秋のroundupではメンバー全員で手分けしてビラ配りして、ライブ会場限定のCDRも配ってたし、彼ら自身でスタジオライブを開催したりと、とても意欲的に活動していた。ライブでは新曲をお披露目したばかりで、お正月にだってメンバー全員で仲良く遊びに行ったりしてて、そういうのを1つ1つ思い出してみても「活動終了」はあまりにもそぐわない。


ラストライブはまだ残っているけれど、この前すでに号泣してしまった。こんなに良いバンドがもうすぐ居なくなると思ったら、悲しくて悔しくてダメだった。
ライブの後ごちょうさんが来てくれて、真相はわからなかったけどいろいろお話できたのは嬉しかったな。私はもしかしたらごちょうさんが北海道へ帰ってしまうんじゃないかと思っていて、でも「それはない、ずっとこっちにいると思うよ」と言ってくれたので少し安心した。他のバンドでもいいからごちょうさんの事を見たい。


元彼に対する気持ちは自分でもよくわからないのだけれど、活動規模を縮小しているのを知ってしまったら心配になる。新しい物が作れなくて悩む辛さもわかるし、しょぼんとしているのを勝手に想像してしまって、そうすると自分の気持ちまで引きずられて落ちてしまう。それなら尚更、こんな時期に一緒にいなくて良かったんだろうけど。
どちらも自分にとって影響の大きいものだから、「上手くいかなくて挫折する」という閉塞感に覆われそうになる。一時的なものだと思うけどね。