読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WONDERVERラストライブ

音楽 ライブ
2013.3.17(日)
出演:WONDERVER
会場:CLUB Que

WONDERVERのラストライブ、最高に楽しくて格好良かった!!一生のうちでも僅かしか見られないような、特別な演奏だった。


あー…今の気持ちが何とも言えない。ライブは最高に楽しかったし、WONDERVERがもう見られないのは悲しいし、悔しいし、とても満足してるのに、終わることの実感なくて、ぽわんとしてる。
最後の夢見るころをすぎてもは大好きな曲だから笑顔で見ていたのに、とにかく演奏があまりにも凄くて最後感丸出しなものだから、結局泣いてしまったよ。いっぱいライブ見たのに、WONDERVERのこと全然知らなかったのかなって思うくらい。


でもなんか、同じ泣くでも今日のは清々しいというか。2月のライブでは、こんな良いバンドが終わってしまう悔しさだったけど、今日はただひたすら演奏に感動して、ぐわってなった。
今は、こんなに良い終わり方ってあるんだなーという気持ち。終了が発表されてから時間も経ってるから、自分の中で飲み込めたというのもあるかもしれないけど。4人が最高の笑顔だったのが、1番の理由だろうな。


たぶん私は、4人と会えなくなるのが嫌なんだ。だからWONDERVERとしてのライブがこれ以上ないくらい良かったのに、これからどうするの?なんて聞いちゃうんだな。だってどこに行けば会える?
好きだと思ってもライブへ行ったりはしないバンドと、毎回ライブを見たいバンドは、私の中で何が違うんだろうとたまに考える。きっと何もかもが琴線に触れているか、1つ飛び抜けて好みの要素があるかだろう。
音楽好きだけど毎回ライブへ行きたいと思うバンドはとても少ないのに、ANATAKIKOUもWONDERVERもいなくなって、また一義・アナログ・HINTOの3つに戻ってしまった。


帰る前にみんなと会えて、とても伝えたいことがあるのにそれが何だかわからなかった。なかなかその場を離れられなくて、ごちょうさんの顔ばかり見てしまった。だってライブ無いってことは、もう一生会えない可能性だってある。
いつもごちょうさんの手が綺麗だなぁと思っていて、ずっと前から触らせてもらいたかったので、今日どさくさに紛れてがっつり触れたので大変良かったと思います。
あと相澤さんだけ毛色の違う誕生日プレゼントだったのは、年明け早々に展示があって忙しかったからなのです。決して優劣では…(笑)そしてプレゼントと贈り主が一致していて驚いた!いろんな人から貰ってるだろうに、凄いなぁ。


翌日相澤さんが「解散じゃなくて活動終了ね。一度も解散ってゆってないから。」とツイートしていて、このたった一言でも、すごく救われる。将来現実に活動するとかしないとか今は関係なくて、WONDERVERが残っていてくれる感じが心底嬉しい。終了であって解散とは言ってないのはわかってたけど、どうしても「そうは言っても実質…ねぇ?そうだよねぇ?」と思っていたので嬉しいです。