読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO FOR THE SUN 2013

2013.12.13(金)18:30〜
「GO FOR THE SUN 2013」
出演:HINTO/アナログフィッシュ/フジファブリック
会場 : SHIBUYA-AX

スパルタが終わったAXで見るHINTOは、なんだか感慨深いものがありますね。
開演待ってるとき、ステージに白い布が落ちてくるのを思い出していたよ(笑)


でも543が8年ぶりに復活できたというのは、つまりこの3組がそれぞれ形を変えつつも8年間生き残っていたという事。それがまず奇跡だよね。


順番は予想通り、HINTO→アナログ→フジ
その前にベース三銃士の前説。主に光広さんがメインで喋ってた。健太郎さんは革ジャン着てて、それにかけて「アナログフィッシュの佐々木ケンシロウです」と言ったらしいんだけど、あまりにさらっと言ったからみんな全然気づかなくて滑ったみたいになってた(笑)


HINTOのお客さんも思ったよりずっと多くて、沢山手が挙がっていて嬉しくなる。
コウセイさんてほんとにパフォーマンス能力が高いよなぁ。天性の勘の良さというか。声質もすこんと抜けるようなクリアさが気持ちいい。
MCではまず光広さんに前説のダメだしがありつつ、「横から見てたら健ちゃんが(光広さんのことを)すがるような目で見ててうけた」とw


アナログは抱きしめて始まり。これは予想してなかった!HINTOの流れになったお客さんを一気に自分たちの方へ引き寄せられるのは、やっぱりこの抱きしめてのアウトロだと思う。巻き込む力が半端じゃない。
健太郎さんのしどろもどろMCと歌後にハアハアしてるだけで喋らないのは、最近もう慣れっこで普通に受け入れるようになっていたけれど、会場では笑いが起こっていたのが逆に新鮮だったよ。
ところでさ、ここらで1回健太郎曲メインのライブやってくれないかしらね。今回も健太郎さんは2曲だったけど、もっと彼の歌声が聴きたいんだよ私は。


フジは志村さんから交代してから見たのは初めてだったけど、私でも知ってる曲がちらほらあって楽しめた。照明が綺麗だったなー。


本編はもちろんみんな良かったけど、543のメインはアンコールだよね、贅沢だったー!
「シャングリラ」「雪の降る街」そして「今夜はブギーバック
背後にチラチラと見え隠れする、州さんとビッツくんのツインドラムに震えた。シャングリラの終わるとこで、2人で顔見合わせて音合わせてるのとか。この並びはアナログファンにとって特別なんだよ。また見せてくれてどうもありがとう。
「また8年後に543やりたいね」って話から「8年後は俺もうやばい気がするから、もっと2〜3年後がいい」という下岡さん。ツアーで沖縄行きたい!と言うコウセイさん。暑くて脱いだ革ジャンを、雪の降る街の途中でそっと着せるコウセイさんと、黙って着させられる健太郎さんに笑った。「演出上の都合」らしいw
あーなんて幸せな光景だったんだろ。思い出すだけでほくほくするよ。
今後も543を続けられるといい。この3バンドの行く末を見守りたい。



2005年Ver.
コウセイさんが若い。健太郎さんがおもちマン。志村さんがいる。