100s追加公演

07.8.25(土)17:00〜19:30
100s LIVE TOUR 2007
「百来来!!!!!!最終特別公演 今一度音志を洗濯したく候」
両国国技館


嘘くさいけど、彼が幸せであることが私の幸せだと、本気で思うよ。
中村一義の何がそんなに好きなのか自分でもよく分からないけれど、私は彼の作る音楽が好きだし、歌う彼を見るのが好きだな。この軸だけはこの先も絶対にぶれない自信がある。1本揺るがない柱を持つのは頼もしい。


初潜入の国技館。会場はTVで見るよりかなり広くて天井も高い。やはりステージは武道館方式で1階の奥に設営されていて、バックになる面は潰されていた。アリーナには椅子がブロック分けされて並ぶ。前ブロックにはA~Gまでで、私のFは小野ちゃんより少し右あたり。席はどこだと探すと、なんと最前列。けれどステージがかなり高かったので相当見上げ角度で、機材と被ってよく見えないんじゃ…という心配もしつつ開演を待つ。
「でーーーーっ!!」と始まってみると、なんだ全然見えるじゃないか!しかも左隣りがもったいない事に4席も空いていたので微妙に1.5席分くらい中央に寄らせてもらって、さらに視界良好。一義が座り込んで歌ってもしっかり見えて、とてもありがたかった。小野ちゃんは歯を食いしばって一生懸命ギターを弾くよね。その姿にぐっときてしまう。その代わりトムさんがせっかく正面向いてるのにドラムに隠れていまいち見えず。けどね、見えても見えなくても、6人の元から送り出された音は素晴らしく綺麗に届いたよ。本編のセトリはツアーとほぼ同じだったけれど、1曲1曲が愛おしくて音が響くだけで幸せで、曲が終わるごとにありがとうと伝えたかった。
この100sの音に満ちた空間が本当に幸せだったので、蘇州夜曲を歌われた時に終わりが近づいていると思って動揺してしまう。このライブが終わったら次に見られるのは何年先か。彼らの場合、大袈裟じゃなくて2〜3年待つ可能性が高いので余計にね。
第一部終了のあとは当然アンコールの拍手が起こったけど、会場のほぼ全員があっさり椅子に座ったのには衝撃を受けた。こんなに良いライブをしてくれた人達に対するありがとうの拍手を、座って打つの?と思ったらすぐ後ろの席の子たちも立っていたので、私も便乗して立ち続けてみた。そんなのはどっちでもいいのかもしれないけど、良い舞台を見せてもらったらスタンディングオベーションしたいのと一緒だったのね、私の中で。
そして第二部、今日のハイライトがやってくる。ソロ曲コーナーで中村一義が披露してくれたのは「犬と猫」ではなく「永遠なるもの」
あぁ…まさか今これが聴けるとは。この1曲だけで来た意味があるくらい、本当に本当に本当に素晴らしかった。歌い出しから泣いた。歌う彼を見ながら、この10年の事を思ったりした。DVDになったら真っ先にこの曲を聴いてしまうな。
まっちぃもレキシ*1も良かったし、ダブルアンコールではキャノンボールの後におまけで123を追加してくれたのも嬉しかった。最後はみんなで手をつないで礼。こちらこそどうもありがとう。礼。



そうそう、もちろん福袋も購入。Tシャツは入ってるだろうと思ったけど、まさか4枚とはね(笑 今回の音志Tと博愛博の胸に中村マークのTシャツ(メダル付)は普通に嬉しいけど、博愛博の100sアルバムみたいなデザインのやつ*2、どうかな〜。私はお友達のに入っていたハレルヤTが羨ましいよ。あとステッカーセットと謎のアイテムが二つ。いつ売っていたのか全く記憶にないけど、おそらくどこかのフェスで販売したのではないかと思われるシートと虫除けバンドはなにげに気に入ってます。一応ハレルヤさんが付いてるしね。グレーのはエコバッグ。
誰かサイン付きのなんとかが当った人を見てみたい〜。私はいまだに、ERAの試聴会に置いてあったガチャガチャに入っていた「1.2.3」のピンバッジ(マグネットだったかな)とか、レゴ風中村のキーホルダーを買わなかった事をとても後悔しているよ。当時は学生でお金無かったからなぁ。「物より思いで」じゃなくて、「物と思いで」両方好きなの。
始まる前も終わった後も友達とたんまり話できたし、今日はまちがいなく楽しかった!今日は音志Tでも着て寝ようかな♪

*1:いつもどおり若干長かったけどね

*2:写真でいう真ん中2つ。左袖にアルバムと同じ3本ライン。