読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髑髏城の七人

観劇
11.10.6(木)18:00〜
劇団☆新感線2011年・夏興行
いのうえ歌舞伎「髑髏城の七人」
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:小栗旬/森山未來/早乙女太一/小池栄子/勝地涼/仲里依紗/
   高田聖子/粟根まこと/河野まさと/千葉哲也
会場:青山劇場


やー楽しんだ!
髑髏城はアカもアオも大好きで、やっぱり古田新太の捨之介が最高すぎると思うのだけど、これはこれで演出の方向性が違って面白かったよ。新感線はエンターテイメントだから、もう誰でもかれでも力技で盛り上げてくれる。ストーリーや演出知ってるとかは関係なく、観てるだけで自然に後半に向けてわくわくさせられるし、最後にわー!となって終われる。これって凄いことだ。
捨之介が天魔王と二役というのが演出上大事な部分で、ここが違うと見る側の感情も結構違ってくるという人もいると思うけど、こういう髑髏城があってもいいかな、毎回違うものだしね。私としては、ここに新太とじゅんさんがいたら最高なのに。


メインキャストで言うと、今回天魔王が普通に気狂ってたね(笑)精神病んでるというか、薬やってる若者的な。未來くんオリジナルの天魔王で、何が飛び出すかわからないから興味深く観てました。
そして小栗旬がかなり良かった。今まで彼には特に何の感情もなかったのに「かっこいーい!」と思えたよ。捨之介というキャラクターがそうさせた気もするけれど、背が高くて見栄えがするし、殺陣や身のこなしも綺麗だった。


早乙女太一は初見。前半の声が細すぎてびっくり。いくら中性的な蘭兵衛でも、あまりにもか細すぎやしませんかと。思っていたら急に声張るシーンがあって、最初誰が喋ってるのかわからなかったりw あえての女らしさだとは思うけど、せっかく生で観ているのだから、美しさの中にももう少し迫力が欲しかった。蘭兵衛はどうしても池内博之の記憶が強い。けど殺陣はとても綺麗で流石だったな。小栗旬との対決は、2人とも着物がひらひら舞って惚れ惚れしたよ。


気になったのはやっぱり仲里依紗。声枯れすぎで、彼女の台詞だけ安心して聞いていられなかった。あともともと沙霧というキャラクターにあまり愛着が持てないかも。性格の不一致(笑)


極楽太夫は小池栄子にぴったり!本当にお美しかった。勇者ヨシヒコで出てきた時のコント演技も最高だったけど、今回はすごくセクシーで綺麗で、もはやどっちもいけるオールマイティな役者さんだったのね!と感動。坂井真紀の極楽太夫と同じくらい好きだったな。


勝地涼はすっかり新感線ファミリーだね、今回すごく目を引いた。声も通るし、動きもコミカルで合ってる。あと聖子さんが贋鉄斎でびっくり、生き生きしてたなーw 笑わせてもらいました。
でももし1本だけ髑髏シリーズのDVDを買うとしたら、迷って結局アカだと思う。