読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入籍しました

なかなかまとまった時間がなくて、つい書くのが遅れてしまいましたが、9月17日に2年弱お付き合いしていた方と婚姻届を出してきました。


記念日や誕生日を覚えるのが苦手なので工夫してもどうせ忘れるだろうし、お互い希望の日もなかったので、婚姻届を書いたあとも届出日を決めかねていたけれど、2人が休みの日に保証人欄を書いてもらうために相手の実家へ行った帰り、まだ時間に余裕があったのでその足で出してきました。



書いてもらったけど、これいつ出すー?
次に2人の休みが合う日もわからないし、今日でいいんじゃない?
そだねー



くらいの感じで。
私たちらしいと思います。


区役所に着いたのは閉まる30分くらい前で、いろいろな手続きをしてもらっているうちに17時過ぎてしまいましたが、皆さん快く対応してくれました(笑)
その日の夕食もいつも通りだったけど、一応ケーキを付けてお祝いっぽく。


ここから先は、ずっとこの人と一緒に過ごしていくんだなぁと思うと、まだ不思議な気がするけれど、辛い思いはしないだろうな。


私は昔から結婚願望がなく、30代に入っても結婚の意味がよくわからないと思っていました。
結婚することで自分の人生が終わる気がして、夫や子供に時間を取られるなんて絶対イヤだと思っていました。自分のことが1番大事な自己中というだけかもしれないけれど。


でもその後お付き合いした人と初めて「結婚するのもいいかもしれない」と思うようになり、結局その人とは別れてしまいましたが、今の夫とは自然とそういう流れになりました。


けれど彼とも初めから馬が合ったわけではなく、付き合い出した当初は気に入らない所が多くて周りの友達にも愚痴ばかり言っていたし、本人にもずいぶん酷い事を言ったり冷たい態度を取っていたと、今は申し訳なく思っています。


それでも怒らず諦めず、私との関係を続けるために努力してくれた彼の本心はどういう気持ちだったのかわかりませんが、そのおかげで今こうして楽しい毎日が送れているのでとても感謝しています。穏やかな人である事に間違いはないと思います。


女だからと家事を全てやるつもりはない、仕事が休みの人が掃除やご飯の準備をする事にしたいという私の希望も嫌な顔せずに受け入れてしっかりやってくれるので、逆にこちらが怠慢にならないように気をつけないと。


この先の人生は誰にもわからないけれど、何も起こらないより変化する方がずっといい。大きな出来事でなくても、小さな出来事を2人で拾っていけたらいいと思います。