読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やついいちろうフェス

音楽 ライブ
2012.2.18(土)12:30〜22:00
YATSUI FESTIVAL 2012
会場:渋谷O-EAST・WEST・NEST・Crest・duo
「YATSUI FESTIVAL!


まずはやっつん、こんなに素敵なフェスを開催してくれてどうもありがとう。お疲れさまでした。愛してます。
単独ライブにしても企画ものにしても「やっつん自身が楽しめるものを作る」という事に対するブレのなさとサービス精神が、こういったもの全てを成功させてるのだと思う。
今回もどれだけ沢山のステージに立っていたのかわからないくらいあちこちに参加していて、五つ子かと思ったわw 各会場に1やつい説。


第一回なので不備は当然あるものと思っていたけれど、若干お客さんが多すぎた以外はこれと言った不便もなく、予想していたより全然快適だったよ。もし来年もあるなら、休憩するところが全くないからEAST2階に作った休憩スペースにもっと椅子並べて欲しいとか、もう少し出演者減らして1人の持ち時間をあと10分増やしても良いと思うとか(レキシ除く・笑)、EASTとWESTの間の道路は往来激しくていつか苦情がありそうなので1人交通整備いた方がいいんじゃないかとか、そんな事は思いました。

アーティストの皆さんが口々に「呼んでくれたやついさんありがとう!」と言っているのを聞いて、なんだか不思議な感じがした。みんなから愛されていれば、一個人でもこんなに豪華で大規模なフェスの主催者になれるんだなぁと。ここにいるみんながやっつんの事好きなんだと思ったら、私まで嬉しくなったよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
観たもの
アシガルユース
このフェスのトップに相応しい、キラキラした幸せなステージ。どうしたってにこにこしちゃう!アシガルはボーカル2人が丸い事がとても重要で、このポップソングをよく居るような整った男の子が歌ってたら、私は好きになれなかったと思う。


・ブライアン新世界
すごく楽しみにしてたけど、その上をいった!すごくお客さんに親切なライブだね、良い人オーラ出まくりw ステージ側から手を挙げるタイミングとか示してくれるし、とにかく盛り上げようと一生懸命なのが伝わって愛おしかった。動きが可笑しくて目が離せなかったよ。


かせきさいだぁ
普段ラップ系はほとんど聴かないのだけれど、かせきさんだけ例外的に好きでいつかライブ見てみたいと思ってたから、今回最優先に考えてた。で、見て良かったー!!凄くカッコ良くて楽しくて、とにかく素敵だった!!!


NONA REEVES
かせきさん終わってから行ったらもう満杯で、なんとか入ったものの柱の裏しか隙間がなくて音だけ聴いてた。やっぱり良い声ねぇ。とりあえずサブステージが見える位置はキープしてエレ片待ち。


エレ片
ノーナが終わったらお客さん少しは減ると思ってたのに、微動だにせず(笑)エレ片の片がインフルエンザで休みという残念すぎるステージで、残されたエレキは工夫してがんばっていたもののグダグダw 結局スカイプで出演した春太&太朗が一番良いパフォーマンスをしてくれたよ。熱は下がっている仁さんはヨガ披露。そこによじのぼる愛らしい春太。


一瞬だけきゃりーぱみゅぱみゅを確認してから、休憩。
でもとにかく座る場所と食べる場所がないので、Bunkamuraの方まで出てカフェへ。


宮沢章夫やついいちろう(平常心ブラザーズ)トークショー
ホフのつもりが規制で階段に人が沢山並んでいたので、トークショーに変更。くだらない話と露出できないアウトな話ばかりで楽しかった(笑)


セカイイチ
いつも思うけど、客層が若くて元気で可愛い。確かにライブバンドだもんね、ここもCDとライブがかなり違う。盛り上げ方が上手くて、演奏もボーカルも力強くてしっかりしてるから、安心して楽しめる。


SCOOBIE DO
素晴らしく楽しかった!スクービーのライブが楽しいのは知ってるけど、それにしたって何でこんなに楽しくて格好良いんだろうか。小山さん36歳なんだね、信じられない凄すぎる。小山さんには永遠に歳を取らないで欲しい。こんなにかっこいいパフォーマンスをする人は滅多にいないもの。


さわりだけ小室哲哉を見るものの、断念。


・DJやついいちろう
最後にやっつんのDJを見ないと、このフェスは終われない。フロアは混み混みでまさかのロッカールームから見るという荒技だったけれど、涼しくて人いないしステージギリギリ見えるし、意外な快適さw やっつんのDJは親切DJ。くるよくるよ!の煽りとか、はい、次ジャンプね!とか、普段慣れてない人でもみんなが楽しめるような気配りが行き届いていて、だからこそこの大規模な一体感を楽しめる。これはスクービーのライブでも感じるよ。とにかくこの場を最高のものにしようという心意気が嬉しい。おかげで最後まで楽しみ尽くすことができたよ、どうもありがとう!